問合せの割り振り業務から解放します!!

マーケットがグローバル規模で拡大している現在、マーケティングツールの多言語化は必須といえます。仮にマーケットエリアが国内だけであったとしても、問い合わせや申し込みフォームを多言語に対応することで、さまざまなターゲット層へのアプローチも可能になります。

製品問い合わせやセミナー/イベント申し込み用の入力フォームを、日本語以外に「英語」、「韓国語」、「中国語(簡体)」、「中国語(繁体)」に設定することができます。一斉メールも同じく多言語に対応していますので、メールマガジンなどと組み合わせてさまざまな言語による施策が可能になります。

また、使用する言語に応じた文字コードが選択出きるようになっています。