商談発生確度の高いお客様をリスト表示

見込み客の顧客データベースがあってもうまく活用できないと言うお客様の声にお応えしました。
せっかく見込み客リストを渡しても、商談確度の低い見込み客が含まれていると、だんだん見込み客フォローしてもらえないという悪循環に陥ります。
逆に、本当に商談確度が高い有望見込み客だけが抽出されていれば、営業担当者にも喜んでもらえ、顧客データベースの利用価値が上がります。
抽出条件は、導入企業ごとによって変わりますが、この定義が一番の肝になります。マーケライズも全面サポートさせて頂きます。