狙うターゲット

MRC(マーケライズクラウド)は、特定のターゲットに対するアプローチを想定して設計されています。それは「見込み客」と「休眠客」です。

見込み客とは、自社とまだ取引のない「新規客」の内、過去に展示会に来場いただいたり資料請求していただいたりしたことで何らかの接点がある層です。見込み客は、過去に接点のない「潜在客」に比べて取引への確度が高いため、積極的にアクションして取引に結びつけたい層です。一方、休眠客は過去に取引実績があるがしばらく取引が停止している層です。一般的に過去に一度でも取引がある層は、たとえ今取引が休止していても、新規客よりも取引開始の障壁が低いと言われています。

このように見込み客、休眠客とも確度が高く積極的にアクションして取引に結びつけたいところですが、これらの層に対するアクションやアプローチが効果的に行われているかといえば、必ずしもそうではありません。それぞれの客が「具体的にどの程度の確度でどのようなニーズを持っているのかが分からない」、「誰にどのようなアクションを起こせば良いのかの判断がつかない」ことが、効果的なアプローチを阻害している要因です。かといって見込み客や休眠客全般に営業リソースを割くほどの余裕はなかなかありません。

MRCは、そのような「一定以上の成果が期待できるにもかかわらず適切なフォローができていない」見込み客、休眠客に対して、積極的かつ効果的なアプローチを仕掛けていくためのマーケティング支援ツールです。

「MRC-Mail」で狙うターゲット①

「MRC-Mail」で狙うターゲット①

「MRC-Mail」で狙うターゲット②

ターゲットイメージ

「MRC-Mail」で狙うターゲット②