マーケティング工程での位置づけ

顧客化までのマーケティング工程は、

  • STEP1. 見込み客リスト獲得によるリードジェネレーション<集客>
  • STEP2. ニーズ掘り起こし/引き合い取りによるリードナーチャリング<見込み客フォロー/育成>
  • STEP3. 営業フォロー先の優先順位付けによるリードクオリフィケーション<見込み客絞り込み>
  • STEP4. 案件化による販売

の4つのステップが存在します。

従来、リードジェネレーションは展示会やポータルサイトなどで、リードナーチャリングはメルマガやDMを使って、そしてリードクオリフィケーションはテレマや人海戦術などの方法で行われてきました。しかし、それぞれ別々の施策として行われることが多く、せっかく集めた見込み客リストを有効に活用できないケースが頻繁に発生していました。

MRC(マーケライズクラウド)は、STEP1<集客>からSTEP2の<見込み客フォロー/育成>、さらにSTEP3の見込み客絞り込み>まで、ワンストップで実現できるオールインワン『マーケティングオートメーションツール』です。

寸断されていたマーケティング工程を1つに統合することにより、見込み客リストを最大限に活用した高精度で効率の良いマーケティング施策を行うことができます。

また、特定のマーケティング工程にのみ課題がある場合でも、機能別に導入することができるので、無駄なコストが発生しません。

MRCマーケティング工程

顧客化までの4ステップとMRCのマッチング

マーケティング工程での位置づけ